総合職採用の損保会社の求人

損保会社転職TOP >> 条件別の損保会社の求人 >> 総合職採用

総合職採用の損保会社の求人

損害保険会社では様々な職種において求人募集をおこなっていますが、その中で人気を集めているのは、総合職での求人です。損害保険会社の求人は数多くありますがその中でも高い人気を集めているのは、総合職としての求人です。総合職採用される人材は、将来の幹部候補生であり、期待や責任を背負うことになります。通常、総合職として採用されると本社や支社で知識と経験を積み、その後は営業部や事故受付部など、企業内のあらゆる部署を渡り歩くことになります。そして部門で得た経験と知識を将来の企業運営に反映させることが期待されています。総合職は給与水準も高く、20代で年収600万円、30代で1000万円以上も決して珍しくはない職種です。多忙を極める職種ではありますが、こうした収入面も魅力の一つとなり、総合職が人気を集めています。

総合職での求人は基本的に新卒者を採用しています。求人応募者は一般職に比べても多く、実際に総合職として採用されるのは、一流大学の卒業生が多い傾向にあります。中小規模の損害保険会社であれば、学歴不問となっている求人も多いので出身大学などに関わらず総合職として採用される可能性は高くなります。最近は保険業界全体に、学歴重視を見直す傾向が見られます。そのため大学卒だけでなく、高卒や短大卒からも採用されるケースもあります。人物重視を採用している保険会社も増加傾向にあります。

総合職には、幅広い視野や豊富な知識が必要とされます。そのため、新卒者ではなく既に業界内で経験や知識を持っている中途採用を行う保険会社も増えてきています。総合職として転職を希望する場合には、前職で培った知識や業績、資格などもアピールすることが効果的でしょう。また男性が多い業界ではありますが、女性の採用も可能です。競争が激しく実力主義であるため、結婚や出産などで仕事を辞めざるをえない女性にとっては、働きにくい環境かもしれません。

大手損害保険会社であれば、転勤が多いのも総合職の特徴となっています。全国に支店・営業所がある場合には、北海道から沖縄までどこへ転勤になるかわかりません。場合によっては海外支社への転勤もあります。もう一つは地域転勤型と呼ばれ、関東圏、近畿圏など、転勤範囲が限定されている場合もあります。数年に一度転勤し、生活環境や職場環境が変化するのはストレスの原因ともなりますが、保険業界では転勤を重ねることで出世への道も広がると考えられています。そのため、将来的に会社経営陣として損害保険業界で活躍するためには、避けて通ることができない道です。転勤を望まないのであれば、事務系の管理職として出世するのも一つの方法です。全国転勤、地方転勤をすることで将来は会社幹部になる可能性もあります。転勤のない内勤型であれば、事務系の管理職として出世する傾向が見られています。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.