転勤なしの損保会社の求人

損保会社転職TOP >> 条件別の損保会社の求人 >> 転勤なし

転勤なしの損保会社の求人

金融業界は転勤が多い業種として知られています。金融業の一つである損害保険会社も例外ではありません。求人募集の要項にもそうした情報が記載され、国内外を問わずに転勤になることもありますし、東北圏、関東圏など地域が限定された中で転勤を繰り返すこともあります。

損害保険会社の中で転勤が多くなるのは、総合職として採用された将来の幹部候補生たちです。将来の企業を担うためには、あらゆる方面での幅広い知識と経験が必要とされます。そのため、まず本社や支社などで保険業務に関わる基本的な知識を学んだあとは、大手保険会社であれば、全国のあらゆる部署を渡り歩くことになります。転勤にも全国型転勤と地方型転勤があります。一般的には遠方へ転勤する方が、より出世に有利とされています。頻繁に生活環境や職場環境が変化することに耐えられない場合には、内勤型の総合職を選択することもできます。内勤型は転勤が原則的にないため、地元での勤務を続けることができます。将来的には事務系の管理職として働く道があります。

専門職や技術アジャスターとして事故対応を行う部署も転勤が多い傾向にあります。様々な事故対応によって得てきた専門知識や経験、技術を幅広く共有し企業のサービス向上につなげることが目的とされています。この場合には指導者としての立場で転勤することになります。

損害保険会社の一般職は基本的には転勤がない職種となっています。一般職は営業系と事務系に分けられますが、多くの保険会社の一般職は女性社員で構成されています。女性であれば、主婦や母親としての役割もあるため、転勤になると辞めなければいけません。会社側もそうした点を考慮し、一般職での転勤はありません。しかし希望するならば、スキルアップを目指して転勤することも可能です。

転勤はストレスの原因と考えてしまいますが、積極的な考えで見る事もできます。転勤をすることで新たな環境や人に接することができるため、自分を成長させるチャンスともなります。それまでは考えたことのなかった事柄を考えるきっかけになる事や、自分自身の思考パターンを変化させることもできます。「住めば都」と言われるように、生活環境も半年程度住めば慣れ、ストレスも徐々に軽減されるでしょう。また総合職であれば、転勤をすることで将来的に自分のメリットにつながることも忘れずにいましょう。出世をするためには転勤は必要なステップなのです。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.