激務でない損保会社の求人

損保会社転職TOP >> 条件別の損保会社の求人 >> 激務でない

激務でない損保会社の求人

大手・中小規模を問わずに、損害保険会社の仕事は常に忙しいイメージがあります。他業種に比べると、収入面が良く、比較的若い時から高年収を期待することができるため、就職・転職希望者が多いのも特徴です。しかし実際にはハードな業務が多いため、離職率も比較的高く、定年まで一つの保険会社で勤めあげる方は少ないでしょう。

保険会社の幹部候補として採用される総合職では、保険に関する知識を取得した後は、あらゆる部署を渡り歩くことになります。専門職や技術アジャスターなど、専門性が高い部署での仕事であるため、休日であっても業務内容に関わる事を勉強しなければいけないでしょう。また転勤も数年に一度はあるため、生活環境や職場環境も頻繁に変わり、精神的にストレスになる傾向もあります。転勤を重ねて出世することで、本社勤務となるので仕事に忙殺されることは減りますが、重要な業務が増えるために精神的に負担になることも増えるでしょう。

一般職では、事務系・営業系共に多忙な業務内容となっています。営業訪問、事務作業、来客対応など業務内容は多岐に渡ります。また事故処理に関わる業務も多いため、被保険者との金銭面でのやり取りや交渉は難航することも少なくありません。感情的になったお客様から怒鳴られることもあるため、精神的にハードな業務内容になります。

損害保険会社では正社員だけでなく、アルバイト、パート、派遣、契約社員など、様々な形態で求人募集がされています。正社員と比較すると給与面や福利厚生などで劣る部分もありますが、業務内容は負担がかからないため、体力的・精神的に負担を負うことは避けることができるでしょう。総合職としての採用はありませんが、大抵は多くの保険会社で一般職に関わるアルバイト勤務などを募集しています。他業種の事務職、アルバイト勤務などと比べると、高時給で募集されている傾向があります。

別の方法としては、外資系損害保険会社へ就職・転職することです。内資系損害保険会社に比べると、業務内容はそれほど忙しくないとされています。外資系損害保険会社では、電話やインターネットなどで顧客との交渉を行うなど、合理化が進んでいます。また保険会社によっては、フレックス制で勤務できる場合もあるので、自分の決めた時間に出勤し仕事をすることもできます。ただし外資系損害保険会社は英語力が求められることや、実力主義であるため、常に結果を出し続けることなどが求められます。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.