休みが多い損保会社の求人

損保会社転職TOP >> 条件別の損保会社の求人 >> 休みが多い

休みが多い損保会社の求人

損害保険会社での勤務は多忙で、休日もなく働き詰めというイメージを持つかもしれません。一昔前に比べると、労働環境の改善に努めているため、休日出勤は少なくなり、有給休暇も消化しやすい企業形態が形作られています。配属される部署によっては、休日出勤がある場合もありますが、基本的には土日が休みの週休2日制が採用されています。

休日出勤が多くなりがちな部署は、やはり営業担当者です。損害保険会社は土日が休みとされていても、営業先も同じとは限りません。水曜日が休みであったり、月曜日が休みの営業先もあります。そのため、休日として出勤してはいないものの、会社携帯には営業先からの相談やクレームがひっきりなしにかかり、精神的に休まらないことも珍しくありません。また接待も営業職には欠かせません。休日にはゴルフなどで営業先を接待することもあるため、その前にはゴルフ練習場に通ったりと、なかなかゆっくりと休める日がありません。

大手損害保険会社では、社員が有給休暇をしっかりと消化するように厳しく管理されています。そのため、有給休暇は比較的自分のタイミングでとりやすいです。担当している仕事もあるので、休暇取得前にはしっかりと計画をたてて、同僚に迷惑をかけることが無いように気を付ける必要はあります。よっぽどの理由がない限り、有給休暇の申請を断られるということもありません。中には長期で有給休暇を取得して、日頃の疲れをリフレッシュさせるために海外旅行へ行く人もいます。

どうしても確実に土日を休みにしたいのであれば、派遣社員や契約社員、アルバイトとして損害保険会社に勤めることができます。収入面や福利厚生の面では正社員に比べると劣る部分がありますが、仕事面の責任やプレッシャーは少なく、週末の休みもとることができます。会社によっては正社員ではなくても有給休暇が付いているケースもあり、正社員同様に問題なく取得することができます。

最近では外資系損害保険会社への就職・転職も注目を集めている傾向にあります。内資系に比べると収入も高く、勤務時間や休日も自分の予定に合わせてフレキシブルに調整することができます。自分の休みたい時に休むことができます。しかし外資系保険会社は、実力主義や成果主義を採用している企業が多いため、常に成績を残していく必要があります。また英語などの語学力が必要とされる業務が多いため、内資系損害保険会社よりも転職が難しいのが現状です。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.