大手の損保会社の求人

損保会社転職TOP >> 条件別の損保会社の求人 >> 大手

大手の損保会社の求人

1.公式には少ない中途求人数

大手損保会社では、公式WEBサイトでの中途採用募集は、数少なくなっています。日本国内では業績の伸びが見込めないことが理由なのかもしれません。募集があるのは、海外でも活躍できるグローバル社員の募集を行っている会社が1社のみ、第二新卒採用だけの募集を行っている会社が1社だけです。 損保会社の主な収益は自動車保険によるものですが、少子高齢化によって自動車が売れなくなっています。当然のことながら、自動車保険の売り上げが鈍化しています。今後もマーケットの縮小を見込んで、日系の大手損保は海外展開を加速させていくでしょう。

ただし、大手損保会社は各社とも、大きな部門、例えば損害サービス部門や保険サービス部門などを独立させて、グループ会社化しています。また、契約社員を本社やグループ会社へ派遣する会社もグループ会社化しています。これらのグループ会社の募集も各会社のサイトから行われていますが、本社正社員よりも低い給与となっています。

2.求められるグローバル人材

大手損保会社の中途採用は、第二新卒を除いて、非常に限定的です。各社とも海外展開を加速させていることから、共通する求人の傾向として、国内だけにとどまらず海外事業で即戦力となる人材を求めています。

このようなグローバル職への応募の必須条件としては、TOEIC900点以上の高い英語力はもちろん、それ以外にも海外MBAにプラスして海外事業を立ち上げた経験だとか、商社、海外保険会社などでの海外勤務経験、金融機関での運用業務経験、高度なデータ解析能力を有するシステムエンジニア経験などが求められます。 こうした要件を備えていれば、非常にやりがいのあるポストに挑戦できます。

3.国内事業での中途採用の傾向

一方国内事業の業務では、これまで総合職(おもに男性)が担ってきた顧客対応業務を、事務職にシフトする動きが加速しています。この結果、事務職として採用された社員は、当初想定していたよりも責任の重い業務を任されるようになり、一般事務や庶務的な業務は、契約社員や派遣社員にシフトさせています。そのため事務職の中途採用は、数少なくなっており、一般事務の求人はフルタイムまたはパートの契約社員、派遣社員に限られてきています。 第二新卒ならば、募集している損保会社もありますが、事務職の中途採用の求人は稀で、たとえ募集が

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.