高年収の損保会社の求人

損保会社転職TOP >> 条件別の損保会社の求人 >> 高年収

高年収の損保会社の求人

他の業界に比べると損保会社は一般的に平均的に見てもかなり高めで、しかも福利厚生が充実しています。各損保会社間の給与の違いは、それほど大きくないようです。むしろ、損保会社の給与体系の特徴として、どのタイプの職制にいるかによって、給与の額にかなりの開きが出ます。転勤が含まれる全国型なのか、転勤のない地域型なのかによって年収の開きは年々大きくなっていきます。40歳時点の全国型と地域型の差は2倍以上に開きます。 全国が40歳時点で1200万円だとすると、地域型は500万円前後となっています。

では、高年収の損保会社の求人を、金額ごとに分けて、職種、要求されるスキル、経験はどのようなものなのか見ていきましょう。 サラリーマンの平均年収は400万円程度(2013年国税庁)となっています。求人時の提示年収の上限800万円から順に見ていきましょう。

1. 年収上限800万円まで

専門職求人の中でもSE(システム・エンジニア)がこの年収額に占める割合は35%ほどです。この金額はSEの年収としては、最低ラインで、さらに高年収の求人が残りを占めています。応募資格として、数年間以上の経験と専門スキルは必須となっています。

2位 損害サービス業務
損害サービス業務の求人中、この金額帯の割合はほぼ3割です。応募資格としては、3~5年以上の損害サービス業務経験が求められます。

3位 営業職
営業職の求人全体でこの年収が占める割合は5分の1以上です。ただ、SEと違って営業職の場合、この金額より上の求人は少なくなっています。共通した応募資格は、損保会社、もしくは損保代理店での営業経験数年以上となっています。

4位 管理・企画・事務
この年収帯では、保険約款の作成や保険証発行などがメインの業務になっており、管理・企画・事務のカテゴリー中、1割ほどの求人数です。求められるのはやはり、損保業界での実務経験です。

2. 年収上限800万円以上1000万円まで

この年収額の求人は全体的にそれほど多くありません。どの職種も各カテゴリー内の求人の数%となっています。13%という2桁台の求人があるのは、唯一、SEだけになります。この金額帯になると、実務経験はもちろん、英語力を応募要件に含めた求人が増えてきます。

3. 年収1千万円を超える求人

年収1千万円超の求人も意外に少なくありません。この金額帯では営業職が多くなっています。この年収層の求人の共通する特徴は、管理職の求人が多いことと、やはり、専門職で希少価値のある分野だと提示年収が高くなる傾向があります。 特に高年収なのは、アンダーライターです。海外の企業とのやり取りもあることから、必要な英語スキルもビジネスレベル以上となっています。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.