50代に人気の損保会社の求人

損保会社転職TOP >> 条件別の損保会社の求人 >> 50代に人気

50代に人気の損保会社の求人

他の業種でも同じことが言えますが、損害保険会社においても転職の主な年代は20代後半から30代後半にかけてとなっています。ただし雇用の流動化が進んでいる現代では、50代であっても転職にチャレンジする人が増えてきています。チャレンジすることは悪いことではありませんが、転職を考える前に、20代や30代に比べると求人の数自体が劇的に少ない事は覚悟しておきましょう。どの業界でも共通していますが、40代から50代にかけては20代に比べて給料が高いですが、会社としては経費の削減を実行していかなければならないので、わざわざ給料の高い年代を積極的に採用しようとは思わないのです。そのため、転職に成功しても前職と同じ程度の年収や待遇が望めないこともあります。

損害保険会社が50代の人に求めているのは、経験と知識です。体力や気力で仕事をバリバリとこなし営業成績を上げて欲しいとは考えていないはずです。これまでの実績や経験をどのように損害保険会社で生かしてもらえるのかを見ています。

損害保険会社には、総合職と一般職、専門職と技術職といった職種がありますが、特にこの中で経験を重視されるのは専門職と技術職になります。専門職は人身事故を担当するエキスパートで、あらゆるタイプの人身事故に関わることになります。保険はもちろんのこと法律に関わる知識を求められるため、これまで同じ職種で関連のある仕事に就いていた人が優遇されることが多いので、50代でも転職に成功したケースはあります。チームで事故の解決に当たりますので、チームリーダーとしてメンバーを引っ張っていける統率力を求められることもあります。

技術職では物損事故を担当します。物損事故なので、自動車事故のケースが多く、自動車業界での経験も採用の理由になることがあります。実際に技術職に自動車業界から転職した人はたくさんいます。技術職に関連した資格として、難関と言われているアジャスター2級と言う資格があります。この資格は、経験が必要な資格ですので20代30代では取得者が少なく、転職の大きな強みになります。

50代と言う高い年齢で転職を成功させるためには、これまでの経歴や持っている知識やスキル、資格を存分にアピールすることが重要になります。前職と比べて年収が下がることもあるかもしれませんが、50代前半であればスピーディーに役職が上がることもありますので、転職を考えている場合、どのようにすれば転職が成功するのかをしっかりと考えていく必要があります。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.