40代に人気の損保会社の求人

損保会社転職TOP >> 条件別の損保会社の求人 >> 40代に人気

40代に人気の損保会社の求人

最近では雇用の流動化が進んでいると言われ、その傾向は20代や30代の間で顕著ですが、40代でも転職を志す方は増えています。通常、40代からの転職では、キャリアを形成していくと言うよりも即戦力としての期待を受けての採用となります。

損害保険会社で、経験重視の採用を行っている職種は専門職になります。損害保険会社における専門職とは、人身事故などにおける示談交渉のプロで顧客対応のエキスパートになります。損害保険に対する知識が豊富であると言う事はもちろんですが、お金と補償に関するデリケートな話をしなければいけないケースも多いので、高いコミュニケーション能力が求められる仕事でもあります。最近では、1つの事故に対してチームで対応に当たる損害保険会社が増えています。事故の受付担当から調査担当、示談交渉役、保険金額の計算など様々な人が様々な角度から対応を行います。40代の場合、これらのチームのリーダーとして活躍している人が多く、採用する側もチームを引っ張っていける洞察力を求めていることが多いです。

特殊な仕事ですから、前職での経験は最重要視されます。ただし、前職が損害保険会社でない場合でも、チームリーダーとしての経験があったり、顧客と交渉の機会があったりなど、損害保険に生かせる経験を持っている人はかなり有利になるといえます。たとえ少人数であっても、チームで仕事をした経験などがある場合、その経験についてはしっかりとアピールしていきましょう。ちなみに、示談交渉のエキスパートについては、安全上の理由から男性だけを採用している会社がほとんどです。

損害保険会社には、技術職もあります。技術職とは、物損事故について対応する仕事です。物損事故の8割は自動車事故で、技術職の人には保険や法律の知識のほか、自動車に関する知識も求められています。そのため、自動車に関わる仕事から損害保険会社に転職する40代の人も多くなっています。なお、法律では、物損事故における示談交渉は保険会社が直接行ってはいけないとされています。そのため物損事故が起こったときの示談交渉は、系列の損害保険調査会社などがおこないます。ですから技術職として転職を考える場合、損害保険会社の系列会社に雇用されることになると覚えておきましょう。専門職も技術職も専門性の高い仕事ですので、前職で経験がある場合、年収アップも期待ができる職種です。初任給も高く、出世をしていくと年収が一千万円を超えるケースもあります。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.