第二新卒の損保会社の求人

損保会社転職TOP >> 条件別の損保会社の求人 >> 第二新卒

第二新卒の損保会社の求人

第二新卒者に対する一般的な見方はマイナスイメージが強い傾向にあります。就職したものの、忍耐力や協調性がないために仕事をすぐに辞めたと考えられます。確かにマイナス要素になる部分もありますが、新卒者にはない強み、メリットも十分にあるため、そうした部分を上手にアピールすることで損害保険会社への転職を成功させることができます。

損害保険会社では、新卒者の採用に力を入れている傾向が見られます。とりわけ、総合職としてあらゆる経験を積み、将来的には会社の幹部候補となるためには、高学歴の新卒者を優先している保険会社が多く見られます。しかし中途採用と異なり、第二新卒者であれば、新卒者と同じような条件で応募できる求人募集も決して少なくはありません。最近では総合職での選考においても、学歴や新卒者にこだわることなく、人物重視を採用している保険会社も増加傾向にあります。前職も保険業界での勤務であったのであれば、培った知識などをアピールすることもポイントになるでしょう。

第二新卒者の場合キャリアは限られていますが、新卒者とは異なり企業で働いた経験があります。そのため、新入社員研修などを受けているので既に社会人としてのビジネスマナーが身についた状態となっています。保険会社側も人材育成のための時間やコストを削減するために、第二新卒者を採用する動きがみられます。保険業界に進む新卒者の多くは、他業種よりも高収入であることなど金銭面で魅力を感じている場合が少なくありません。

しかし実際には、保険業界は体力的にも精神的にも負担が大きく、離職率が高い業界となっています。新卒者と比較すると、企業で働くことがどのような事か、自分の職業意識や帰属意識が形作られている傾向にあります。そして今後のキャリアプランなどを考えると、新卒者として採用された企業を退職し、第二新卒者として採用された保険会社も早々に辞めてしまうと、次の転職が非常に難しくなるでしょう。こうした事情を考えて、保険会社が第二新卒者を採用するメリットも十分にあります。

第二新卒者として保険業界へ転職する際には、中小規模の損害保険会社を選ぶことがポイントとなるでしょう。新卒者は収入面などの条件が良い、大手損害保険会社への就職を希望し人気が高くなります。一方、中小規模の損害保険会社では、新卒者を集めるためのコストを削減する傾向にあるため、大手と同じ様には新卒者を集めることはできません。上記で記したようなメリットを考慮し、新卒者と同じような条件の第二新卒者を採用するケースが多くなっています。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.