損保会社の退職金

損保会社転職TOP >> 損保会社に関するコラム >> 退職金

損保会社の退職金

1. 損保会社の退職金額の幅はどのくらい?

大手3メガ損保についていえば、退職金の金額幅はその社員の職位、勤続年数等によってかなり違ってきます。例えば海外を含む全国型なのか、あるいは転勤を伴わない地域型かによっても、数千万円もの差が出ます。総合職全国型だと3千万円程度から役職が上がると7千万円にも上る社員もいるようです。こうした退職金の算定はどのように行われるのでしょうか。

2. 損保会社の退職金制度はどうなっているの?

保守的な社風だと思われている損保会社ですが、退職金制度に関しては、かつての基本給と勤続年数を基本とした算定方式は廃止されています。なぜかというと、年功序列主義が根強いと言われてきた損保会社ですが、それでも能力主義が徐々に取り入れられてきているため、従業員の能力によって退職金にも差をつける必要が出てきたからです。  従来の算定方式に代わり、現在では「ポイント制退職金制度」を導入しているようです。

3. ポイント制退職金とはどんなもの?

算定には、会社が定めたポイントの基準に従って従業員が1年間で獲得するポイントを累計したものを使用します。
例えばA損保会社では次のような算式を用います。
●退職金ポイントの累計×単価=退職金
(※ポイント当たり単価は、10,000円)


そして、肝心のポイントの種類にはどんなものがあるのでしょうか。 以下主なポイント項目になります。

1. 勤続ポイント:勤続年数によりポイントを決定。月割りで累計ポイントに加算。
2. 貢献ポイント:資格・勤続年数、仕事評価により決定されるポイント。月割りで累計ポイントに加算。
3. 昇格ポイント:昇格によりポイントを付与。昇格時に累計ポイントに加算。
4. 役職ポイント:課長昇進時、部店長在任中のポイントを累計ポイントに加算。
5. 地域ポイント:地域により異なるポイント。

以上のような項目を基に累計したポイントを積み重ねた金額が退職金となるため、一概に〇〇年働いたから〇〇円という単純な計算はできないようです。

4. 希望退職の退職金上乗せはどのくらい?

大手損保会社は合併を機に人員削減の一環として、希望退職を大量に募っています。希望退職の際の退職金は、500万円〜700万円ほどの上乗せがあります。また、退職希望者には、転職するためのサポートも多少つけてもらえることもあり、希望退職者募集人数よりも1.2倍ほどの応募があったようです。大手損保会社の中には、大量の希望退職者を募る一方で、海外勤務にも対応できる優秀な全国型社員も募集している会社もあるのが面白いところです。これからますますの海外展開を目論む損保会社にとっては、少数精鋭の人材を使っていきたいというところでしょう。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.