損保会社の残業

損保会社転職TOP >> 損保会社に関するコラム >> 残業

損保会社の残業

最近はサービス残業や過労死についてのニュースが頻繁に報道され、世間一般的にも企業をブラック企業かホワイト企業かと評価する風潮にあります。企業側も、サービス残業を減らすことやノー残業デーをつくるなどの工夫をして、ブラック企業の噂がたたないように改善策を作っています。

損害保険会社においても、残業をなるべく減らす傾向が見られます。求人募集などでも「残業少なめ」「月の残業10時間以下」という文言で宣伝されている保険会社も少なくありません。しかし実際に残業が全くなく働ける損害保険会社は、ほぼないでしょう。専門職であれば、その日によって、事故発生数や事故の種類が異なる事なども理由の一つとなるでしょう。営業職でも、資料作成や報告書の作成などの作業をしていれば、あっという間に残業することになります。個人であれ、法人であれ、損害保険会社はお客様を相手にした仕事であるため、期日までに仕事を確実に完了させる必要があります。仕事が間に合わずに、期日を守れなかった場合には、担当者だけではなく損害保険会社全体の信頼や評価にもつながるといえます。そのため、仕事が終わらなければ、どうしても残業をしなければいけないのが損害保険会社の現状といえます。

残業が多くなる傾向のある損害保険会社ですが、パソコンで各社員の勤務時間を管理している保険会社も多く、サービス残業が発生しない工夫がとられています。残業した分はしっかりと時間外手当が発生するようになっています。そのため、若手であっても残業代がしっかりと支給されるため、収入面では比較的高くなります。また大手保険会社では、週の内1日はノー残業デーを設け、時間が過ぎるとパソコンや電気が消えるようにしています。こうすることで、例え仕事が残っていても強制的に残業させないようにする試みも行われています。こうすることで、少しでも社員の残業時間を減らすことが可能になっています。

しかし、実際にはパソコンの電源が落ちた後でも、パソコンを使用しない業務を行っていたり、周りの先輩社員が残業しているために自分も帰りづらく感じる場合も少なくありません。また所属部署によって残業の有無が大きく異なっている、保険会社も多くあります。損害保険会社の業務内容は多岐に渡り、常に多忙であることで知られています。そのため、残業を減らすためには根本的に社員を増やさなければいけないと考え方もされています。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.