損保会社で働くメリット・デメリット

損保会社転職TOP >> 損保会社に関するコラム >> メリット・デメリット

損保会社で働くメリット・デメリット

損害保険会社で働くメリットは、金融業と同じようなイメージなので、周囲からの信頼が高まると言う点が挙げられます。真面目や堅実といったイメージを持つ人が多く、申し込みや契約等で職業を申告するときに社会的信用を得られやすいのも事実です。営業職の場合は、ノルマが課せられることがありますが、頑張れば頑張るほど報酬がアップすることもありますので、やりがいは感じやすい仕事といえます。

保険だけでなく税金や資産運用など、金融に関するさまざまな知識が身に付きますので、損保会社だけでなく生保や他の金融業に転職しやすいといったメリットもあります。外資系の損害保険会社では、実績に応じてどんどんお給料が増えていくと言うメリットがあります。目標を立てて計画的に働くことができる人に向いています。一般企業に比べて、同年代での年収が高いとも言われていて、若い年代でも高年収が望めるのも損保会社のメリットといえます。CMでも損害保険会社のCMは好感度が高く、それが社会的な信用につながっていると実感している社員が多いようです。

損害保険会社の社会における立ち位置は常にサブです。どんなケースであってもメインの会社や個人があり、その周囲を囲むのがサブの損害保険会社の役割です。保険だけでビジネスが成り立たないと言われますが、メインとなる事業があって初めて損害保険が必要になってくるのです。どんな業種であっても損害保険は必要で、顧客によってはアパレル、飲食、ホテルなど様々な業界に関わることが出来るのも損害保険会社で働くメリットといえます。

メリットで、社会的信用度が高いと書いていますが、実際のビジネスシーンにおいては社会的地位など関係なく、ビジネスでの立場は最下位になることが多く、頭を下げる機会が多くなります。銀行も同じような立場ですが、銀行にも頭を下げないといけないのが損害保険会社です。

外資系の損害保険会社では、実力次第で待遇がアップすると言う点がメリットですが、反対に言えば、実力がないとみなされると好待遇は期待できないと言うことです。外資系の場合、上司が外国人になることもあり、コミュニケーションがうまく取れずに悩む人も多いようです。営業職の場合ノルマを課せられることが多く、ノルマが達成できなければ毎月の手当が減り収入も少なくなる可能性がありますので、そのストレスが大きく、離職していく人も多い業界ではあります。収入や待遇といった面では一般企業よりも良い点の多い損保会社ですが、ストレスも溜まりやすい職場ですので、上手にストレス解消していかなくてはいけません。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.