損保会社のボーナス

損保会社転職TOP >> 損保会社に関するコラム >> ボーナス

損保会社のボーナス

1. 損保会社のボーナス相場はどれくらい?

日系損保会社の給与の支給のしかたの特徴として、毎月の給与額は抑制気味にする一方、ボーナスは他の業種と比較すると、非常に高額だということです。大手損保会社の中でも最大手の会社では、入社数年目の一般職の女性でさえ、年間100万円以上支給されています。働く女性の平均ボーナス額が正社員で48万円(2009年リクルート社調べ)であるのに比べると、ため息が出る金額ですね。

2. 損保会社によってボーナス額の違いはあるの?

日系損保会社では、大手3社は大体似た水準のボーナスが支給されるようです。正社員であれば、その人の給与の7か月分前後が振り込まれています。毎月の給与支給額が比較的低いという不満を持つ損保会社社員もいますが、ボーナス額が高額なので、年収ベースではおおむね満足のいくレベルのようです。ただし、損保各社としては、毎月の支給額は毎年の仕事評価で年間通して一定であることから、社員の業績をボーナスに反映させる意図があるようです。業績が振るわない場合は、ボーナスを減らすことによって、年収額をコントロールできるからです。大手3社の中では、最大手と言われる1社が他の2社よりも少なくとも数10万円ほど多いようです。
 一方外資系損保では、支給額は日系大手と比較すると、多ければ数百万円ほど低くなります。一般に外資系の会社は給与、ボーナスが高額とのイメージがあるかもしれませんが、外資系損保会社ではそんなイメージとは裏腹に、ボーナス額は低めの傾向があります。

3. 総合職と一般職ではボーナス額にどのくらいの開きがあるの?

いくら損保会社のボーナス額が高額だとはいえ、総合職と一般職では大きな違いがあります。一般職が100万円前後〜200万円前後なのに比べると総合職は、その2倍以上のボーナスを支給されるようです。これは、総合職が昇格していくのにつれて、給与額がどんどん上がる一方で、一般職は昇格の上限も限られていて、昇給額も昇格も緩やかであるためでしょう。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.