損保会社の適性(向き・不向き)

損保会社転職TOP >> 損保会社に関するコラム >> 適性(向き・不向き)

損保会社の適性(向き・不向き)

1. 営業にはどんな人が向いているの?

「営業をやっている人」と聞いてイメージするのは、外交的、話し上手な人でしょう。けれども、損害保険の営業では話し上手よりも重視されるのが、誠実であることや、お客様の話をじっくり聞いてあげられる能力です。お客様の不満や要望などをよく聞いて、どのような提案をするのがよいか考えられる人です。むしろ営業する側は立て板に水のようにしゃべっては、かえって商品を買ってはもらえなくなるものです。話を聞いてあげて、お客様の疑問に思うこと、不満に思うことをくみ取る能力が必要です。そして、お客様のニーズに誠実に対応できる人が営業職には向いています。保険という目に見えない、形のない商品を売るので、「誠実な人」という印象を持ってもらえるような人は営業職にピッタリでしょう。 また、損保会社ならではの仕事の特徴として、保険商品について勉強しなければ、売ることができないので、勉強が極度に嫌いだと継続して損保会社に勤めるのはむずかしくなります。これは、営業職だけでなく、どの職種でもいえることです。

2. 損害サービス業務に向いている人とは?

損害サービス業務は、事故発生から保険金支払いまで対応します。他の職種、業務と最も違う点は、事故に遭ったお客様との直接対応を含む業務です。コールセンター業務も損害サービス業務に含まれます。たとえば感情が高ぶったお客様とのやり取りなども日常のことなので、気持ちの切り替えができる人が向いているでしょう。少々何か言われたとしても、割合平気でいられるような人が向いています。

3. 損保事務に向いているのはどんな人?

損保事務は特有の知識を必要とする業務であるため、日々勉強する心構えのある人が向いています。その日の業務の分量によっては、残業も多めになる部署もあります。また、例えば突発的な災害などにより、予定外に仕事が増えます。このような時にも臨機応変に事務的に淡々と仕事をこなしていける人が、損保会社の仕事を長く続けられるでしょう。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.