損保会社の技術アジャスターの求人

損保会社転職TOP >> 職種別の損保会社の求人 >> 技術アジャスター

損保会社の技術アジャスターの求人

1.アジャスターになるには?

アジャスターの業務を遂行するためには、日本損害保険協会のアジャスター技能試験・研修を受けなくてはなりません。アジャスターには、技術アジャスターおよび特殊車アジャスターの2種類があります。 技術アジャスターの技能は、見習、初級、3級、2級および1級といったランク付けがなされています。現在、1級ランクは存在せず、最高ランクは2級となっています。

2.アジャスターの給与水準は?

年収額は、おおむね400万円〜650万円程度になります。資格取得まで比較的長い年月を要する難関資格とであると言われる割には、意外にも、ほかの専門職(アンダーライター、社内SEなど)と比較すると年収額は低めです。

3.アジャスター2級取得者は有利

中途採用の場合、アジャスター資格2級取得者が望ましいとされています。これは、2級取得までに最短でも7年ほどかかり、その合格率も10%という難関資格だからです。ただし、第二新卒であれば、アジャスター資格はなくとも、一定の学歴要件(専門学校、短大、大学卒以上など)と社会人経験があれば採用する会社もあります。 大手損保では、アジャスターの求人を、損保会社本体ではなく自社のグループ会社である損害調査会社に委託している場合もあります。損保会社本体からの募集は多くはありません。そのため、求人があれば、応募者が集中するかもしれません。 アジャスターの仕事は、資格取得までに長い年月がかかる難関資格です。査定のスキルに加えて、事故対応の際の対人スキルや、交渉力も要求される厳しい職務ではあります。しかし、厳しいだけにやり遂げた時の達成感が高い仕事といえます。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.