損保会社の営業の求人

損保会社転職TOP >> 職種別の損保会社の求人 >> 営業

損保会社の営業の求人

1. 法人営業

(1)法人営業とは?

法人営業の仕事は、企業の貸倒リスクをカバーする取引信用保険のセールスを行う、あるいは代理店営業という部門で、代理店を指導・育成・管理する業務を行います。個人向けセールスには直接かかわりません。取引信用保険のセールスでは、新規開拓の必要があるので、飛び込み営業の経験があれば、採用に有利に働くようです。損保会社本体は直接個人セールスを行わない代わりに、代理店に個人客の開拓を任せます。営業職全体でみると、損保会社の求人職種のなかでは最も求人の多いシステム・エンジニアの次に多い求人数となっています。

(2)法人営業の給与水準は?

企業相手の取り扱い案件は高額なものが多く、それに伴って給与水準も高めです。金額は500万円〜1500万円まで幅があります。

(3)法人営業に必要なスキルは?

損害保険会社または生保・銀行・証券などの金融機関での営業経験が必要です。外資系損保の求人の場合は営業経験に加えて、最低でもTOEIC600点以上の英語力も必要になります。

2. 職域営業

(1)職域営業とは? 親会社やグループ関連会社、さらにはOB・OGを取引先として、個人向け損害保険だけでなく、生命保険の営業も行います。こちらは1の法人営業と違い、代理店の仕事になります。損保会社では、代理店店主を契約社員として数年かけて育成しながら、個人相手の営業をさせます。この育成期間中に一定のノルマを達成できた契約社員が代理店として独立できます。ノルマを達成できずに退職となる社員が出るためか、常に募集しています。

(2)職域営業の給与水準は?

法人営業に比べると、かなり低めの給与からのスタートになります。200万円から500万円程度が大半です。

(3)職域営業に必要なスキルは?

普通自動車運転免許と、損保募集人の資格が必要です。他に生保募集人資格を持っていれば、採用に有利でしょう。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.