損保会社の転職と履歴書

損保会社転職TOP >> 損保会社の転職の基礎 >> 損保会社の転職と履歴書

損保会社の転職と履歴書

損害保険会社への転職を成功させるための第一関門は、会社に送付する履歴書と職務経歴書です。履歴書の基本としては、「読みやすい丁寧な字で書く」ということです。間違ったら新しい用紙にやりなおします。損害保険会社で働き始めると、手書きの書類を作成する機会も多いので、丁寧な字を書くだけでも良い評価につながりやすいといえます。

履歴書の具体的な書き方としては、金融や保険会社、証券等での経験がある場合必ずそれを記入します。損害保険募集代理人の資格を持っている場合、1部であってもそれを書いておくと採用担当者の目に留まります。損害保険会社の職種は大まかに分けると、営業部門と損害サービス部門の2種類があります。営業に関しては、代理店をまとめたり、法人とやりとりしたりと言う仕事が多いので、営業力や人格、コミュニケーション能力を求められることが多くなります。

損害サービス部門では、実際に事故などの損害が起きたときに契約者とやりとりを行い、支払い保険金の決定をしていきます。こちらも契約者の人とのやりとりがありますので、高いコミュニケーション能力を求められるほか、保険金の算定において公正な目で物事を見られるかどうかをチェックされることが多くなります。保険会社勤務の経験がなかったとしても、コミュニケーション能力の高さや、過去の営業成績などをアピールすることで、採用後会社に利益をもたらす人物かどうかを判断してもらいやすくなります。大切なのは、この人と一緒に働いてみたいと思ってもらうことです。

近年、損害保険業界では合併が積極的に行われ、多くの損害保険会社が再編されていきました。また近年の目立った動向として、ネット保険も損害保険のシェアを高めています。現在、日本には3大保険会社が存在しています。東京海上ホールディングス、MS & AD、SOMPOHDです。日本国内にたくさん存在した損保会社も、合併や吸収を繰り返し、大手と呼ばれる損保会社は現在この3社に絞られています。損保会社に就職や転職を希望する場合には、この3社の成り立ちや特徴を調べておくことが大切です。なぜならば、面接の際に、なぜこの会社を選んだかと言う質問を必ずされるからです。履歴書で面接までこぎつけても、面接で上手く答えることができなければ意味がありません。履歴書の書き方をマスターしたら、面接でどのような質問をされるかを想定して、面接対策も一緒に行ってください。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.