損保会社の転職と資格

損保会社転職TOP >> 損保会社の転職の基礎 >> 損保会社の転職と資格

損保会社の転職と資格

数年前までは、損害保険会社へ就職・転職するためには、損害保険販売に関わる資格を取得する必要がありました。しかし、最近ではほとんどの損害保険会社では、こうした資格の取得を社員に求めていません。必要とされていた損害募集人資格は幅広い分野まで出題範囲が及ぶこともあり、資格取得の勉強は困難を極めました。こうした資格取得のための勉強も必要ではないため、現在では社員の負担やプレッシャーは非常に軽減されています。

資格取得が必須ではないものの、取得しておくことで損害保険会社での勤務に有利になる資格も幾つかあります。その一つがファイナンシャルプランナーです。損害保険会社も金融業界の一部に位置づけられています。そのため、個人の資産運用や形成に関わる知識や資格を必要とする場面は決して少なくありません。試験内容は、お客様の収入、支出、資産、保障内容などのファイナンシャルデータを分析し、最適の資金計画、金融資産運用、リスク管理やファイナンシャルアドバイスなどを行うための知識試験となっています。

ファイナンシャルプランナーには、日本ファイナンシャルプランナー教会が認定する民間資格と、FP技能士という国家資格があります。難易度的には、国家資格であるFP技能士が上位であり、合格率は30%台で推移しています。この資格が役立つのは、個人のお客様を扱う損害保険会社の営業部門に配属されるような場合です。資格取得者として優遇される会社も少なくありません。

また損害保険会社の海外市場拡大などに伴い、TOEICなど英語をはじめとした語学力に関わる資格も重宝されます。大手損害保険会社であれば、入社後数年経過した若手社員であっても積極的に海外派遣を行っています。入社後に勉強することもできますが、損害保険会社での勤務には勉強が欠かせません。忙しい毎日を過ごすことを考えると、就職・転職前に英語や他の言語を習得しておくことが薦められています。最近では、アジア周辺諸国の中でも経済成長が顕著な中国へ進出している、損害保険会社も多いため、英語に加えて中国語の語学力が評価されることもあります。

損害保険会社に勤務する場合に、資格取得に関する勉強は欠かせません。簿記や社労士などの資格取得を目指す人もいます。しかし、取得した資格は保険業界で勤務している時は勿論、転職する際にも有利になるケースもあります。また自分のポテンシャルを高め、モチベーションを保ちながら仕事を果たすことにもつながります。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.