損保会社の転職と志望動機

損保会社転職TOP >> 損保会社の転職の基礎 >> 損保会社の転職と志望動機

損保会社の転職と志望動機

どの業種でも共通して言われることですが、転職の際には書類選考に加えて面接選考があります。このどちらでも重要なポイントとなるのが、志望動機です。書類選考の際に提出する履歴書にも志望動機欄があります。そしてこの部分に基づいて面接選考では、質問されると考えておくことができます。採用されるためには、採用担当者に自分が他とは違う事をアピールできる志望動機を用意しておく必要があります。

志望動機で大切なのは、自分が企業から何を得るかではなく、自分が企業にどのように貢献できるか、したいと考えているかという部分になります。「給与がいいから」「社風が気に入ったから」などの志望動機では採用を期待することはできないでしょう。自分がこれまで学生時代にもしくは前職で、どのような経験をしたのか、何を努力したのかを伝えましょう。そしてそうした要素を今後どのように活かして、企業利益として貢献したいのかを説明することができます。

また「保険業界に関心があるから」などの漠然とした志望動機も避けましょう。もし関心があるのならその理由にも触れるようにしましょう。何がきっかけとなって保険業界に関心を持つようになったのでしょうか。また数ある保険会社の中から、なぜ貴社を選んだのでしょうか。こうした部分を志望動機に含めることができれば、採用担当者にも好印象を与えることができるでしょう。

同業種からの転職の場合には、取得した資格と志望動機を関連付けることも効果的な方法の一つです。損害保険募集人資格や損害保険代理店資格などの資格があります。こうした資格を取得しておくことで、転職後のスキルアップにも有効です。また英語などの語学力やパソコンに関連する資格やスキルも評価される傾向にあります。こうした資格を列挙しても志望動機とは言えます。それで取得した資格をどのように役立てたいと思うのか、こうした資格が企業側にどのようにメリットになるのかを説明するように心がけましょう。

採用担当者がまず注目するのは志望動機といっても過言ではないでしょう。優秀な人材であったとしても、志望動機が応募企業の考えとマッチしなければ採用されないケースもあります。それで志望動機を考えるまえには、まず応募企業の研究・調査のためにもしっかりと時間を使いましょう。応募企業がどのような人材を必要としているのか、自分がどのようにマッチするのかを考えることが採用への近道といえます。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.