損保会社の採用職種の分類

損保会社転職TOP >> 損保会社の転職の基礎 >> 損保会社の採用職種の分類

損保会社の採用職種の分類

損保会社の採用職種は大きく次の4つに分類されます。

(1) 損害サービス業務
(2) 専門職
(3) 管理・企画・事務
(4) 営業
これらについて詳しく見ていきましょう。

(1) 損害サービス業務

自動車保険の損害サービス業務全般を行うもので、事故受付、初期対応(自動車保険における人身、物損事故の示談交渉業)、損害状況の確認、保険金の支払い業務などが含まれます。最も保険会社らしい業務といえます。損害サービス業務経験が採用のための必須要件となっています。

(2) 専門職

専門職として次の3つがあります。
(ア) アンダーライター
リスクを見極めた保険の引き受け業務(海上、火災、傷害、賠償、工事、企業財産等)を行います。豊富な業務経験(おおむね5年以上)とビジネスレベルの英語力が採用必須要件となっています。高度な保険知識を必要とする業務です。
(イ) SE
保険会社のシステムの開発・構築、保守・管理に携わる業務です。会社全体のシステムにかかわる業務であるため、金融機関でのシステム開発経験が必要とされます。中にはWEBを活用した企画立案から評価、KPI分析などマーケティングの業務遂行能力を求められることもあります。
(ウ) 技術アジャスター
自動車事故での損害につき、損傷した車両の画像を基にして適正な損害額および事故原因を調査を行い、解決のための示談交渉を補助する業務です。アジャスター資格を持っていることと、アジャスター業務経験者であることが採用の必須要件とされています。

(3) 管理・企画・事務

このカテゴリーには次の4つの業務があります。
(ア) 監査・コンプライアンス
内外監査関連業務やコンプライアンス指導・管理を行う業務です。少なくとも5年以上の経験を必要とします。外資系保険会社であれば、海外への報告・連絡も業務の一つであるため、ビジネスレベル以上の英語力が必須となります。
(イ) 商品開発
新保険商品の企画・開発、マーケティングおよびプロモーションなどを行う業務です。採用の要件としては保険会社経験者またはマーケティング経験者が求められます。もちろん外資系であればビジネスレベルの英語力も必須です。
(ウ) 経理
会計・決算業務を行います。保険会社や金融業界での経験が求められます。
(エ) 事務
営業事務がメインになります。中途採用の場合、即戦力を期待されており、損保資格保持者でなおかつ営業事務経験者が歓迎されます。

(4) 営業

法人営業と職域営業に分けられます。損保資格保持者でなおかつ経験者がメインとなりますが、他業界からの転職者でも営業経験があれば、本人のやる気次第で道が開ける職種です。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.