損保会社の転職と年齢

損保会社転職TOP >> 損保会社の転職の基礎 >> 損保会社の転職と年齢

損保会社の転職と年齢

●何歳が有利?損保会社の転職年代事情

損害保険会社の転職事情について年齢別にみると、大きな傾向としては、転職に成功する年代は20代、30代前半がメインになっています。それ以上の年代になると、転職者にとって非常には厳しい業界と言えるでしょう。 理由は、損保会社の業務を行う上で必要な知識の量が膨大なことでしょう。さらには商品の知識があっても、商品自体がどんどん新しくなるので、それに追いつくためには、どうしても時間外で勉強せざるを得ません。体力と気力のある若い世代が有利なのは、仕方がないことでしょう。 損保業界の特徴として他業界から損保業界への転職は、20代といえども厳しいものがありますね。 ただし、他業界からの転職例もないわけではありません。40代以上でも、なんらかの営業経験と人脈とやる気があれば、代理店店主として成功する可能性はあります。 それでは実際の転職例をみていきましょう。

●20代の転職例

Aさん(29歳、男性)営業プロへ転身-国内損保→外資系損保へ

Aさんは、国内系損保で代理店サポート業務を行う代理店営業部門に所属していましたが、営業のプロを極めたくなり、直接お客様に提案もできる法人営業職を募集していた外資系損保への転職に成功しました。
Bさん(29歳、女性)職場でかけがえのない存在に-国内損保→生損保代理店

Bさんは、新卒で7年間、損保会社で契約チェックや書類作成の仕事をしていましたが、もっと自分を必要としてくれる職場に移りたいと考えるようになりました。そして行き着いたのが、少人数の職員で切り盛りする生損保代理店の損保事務の仕事でした。少人数だからこそ、一人一人が大切な戦力となる職場の転職に成功しています。

●30代の転職例

Cさん(36歳、男性)グローバルな視点を活かして-商社営業→外資系損保代理店

商社の営業経験を活かして、外資系損保代理店で法人営業に転職。前職でのグローバルなデータ・ノウハウを駆使して、損保未経験ではあっても、海外進出や海外事業との取引のある企業に、的確な提案ができることを強みにして活躍中です。
Dさん(35歳、男性)前職経理事務経験を買われて-国内生保→不動産管理会社→生損保代理店

Dさんは、生保会社で総合職として営業と経理事務に従事、その後不動産管理会社で経理事務を行ってきました。35歳という転職には不利な年齢にもかかわらず、前2社での経験を活かして、生損保代理店の事務マネージャーとして、営業サポートと経理全般を取り仕切る職に就いています。

●40代の転職例

Eさん(42歳、男性)法人担当の強みを活かして-銀行→生損保代理店

Eさんは、銀行での法人営業担当から生損保代理店へ転職しました。前職での経験を活かして、法人、個人両方への提案可能な代理店として独立を目指します。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細





Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.