損保会社向け転職エージェントランキング

損保会社に転職をお考えの方へ

昔から就・転職先として安定した損保会社は人気です。これから転職を控えているなら、ぜひ転職エージェントを利用してみましょう。転職に役立つ情報やサービスがたくさんあります。

転職エージェントは乱立していますが、中でもおすすめなのがリクルートエージェントです。豊富な求人情報はもちろん魅力ですが、履歴書の書き方から面接対策までアドバイスしてもらえるのも嬉しいポイントです。

損保会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



パソナキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細



損保会社の転職動向は?

(1) 他業界からの転職

損保業界においては、高度な知識を要する本社内勤の総合職は、ほぼ新卒からの採用に限定されており、他業界からの転職は厳しいでしょう。損保会社の現状は、これまで収益の柱だった自動車保険が伸びず、国内での損害保険事業は縮小傾向にあります。そのため保険以外のサービス業への参入を図る傾向にあります。少子高齢化によって海外展開せざるを得ない状況、しかも保険業に限定しない事業展開となる傾向があります。それに伴いグローバル職を積極的に他業界から採用する動きが出てきました。これまでの損保業界内に限られていたグローバル総合職への他業界からの転職が可能になったのです。海外で新規事業を運営できるような人材が求められています。

それ以外では、代理店への転職は主に営業担当経験者であれば、国内メガ3損保および外資系損保においても研修体制も整っており、前職が他業界だとしても本人のやる気次第で常に門戸は開かれています。 営業の要素がない転職もないわけではありません。IT関連要員またはIT関連のマネジャーであれば人手不足傾向が強いので転職には有利でしょう。

(2) 損保業界内から同業界内への転職

損保会社といえば、損保業界内での転職が一般的です。というのも、在職中に得た資格、知識、スキル、人脈などが有利に働くからです。損保会社では例えば本社勤務であれば任意であった損保関連の資格が現在はほぼ全員取得が義務づけられています。中途採用の応募の際の必須スキル、経験として、損保資格はもちろん、2年〜7年ほどの業務経験を要求されるからです。これは総合(グローバル)職のみならず、地域(エリア)職さらには損保事務やコールセンター勤務の契約社員にまで適用されるのです。

損保業界の国内事業縮小や会社合併によって人員整理も進んでいる業界において、中途採用者を育成する余裕はあまりありません。人員不足の部署は、すでに必要スキルを持った即戦力ある人材で補おうという流れになっていますから、この要件を満たした損保会社経験者にとっも、採用側の損保会社にとっても、同じ業界の人材は都合がいいという訳です。

転職先としては、国内損保会社のほかに外資系を含む保険ブローカー、および再保険会社などになります。

(3)業界外への転職

損保業界から他業界への転職は20代〜30代初めまでがメインになります。新卒入社したものの、思い描いていたものと現実のギャップに悩み、周到な就活の末に転職成功という事例が多くなっています。 仕事のやりがいを求める若い層の転職がメインではありますが、30代後半、40代となると、実家の家業を継ぐために退職という場合以外は他業界への転職はほとんどありません。

損保会社の求人倍率は?

2015年6月にある新聞社が発表した入社したい企業ランキングによると、ベスト20のうち4つが損害保険会社でした。東京海上日動火災保険、損害保険ジャパン日本興亜、三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険の業者です。2017年現在、これらの損害保険会社は合併等で会社名が変わっていますが、就活生からの人気は変わりません。損保業界自体が就活生からとても人気の高い業界ですので、当然のことながら就職倍率も高い傾向にあります。2014年度のデータでは、損害保険業界で最も就職倍率が高いのは、あいおいニッセイ同和損害保険でその時の就職倍率はおよそ46倍でした。このほかにも日新火災海上保険については就職倍率が35倍となっていました。

ただし倍率が高いと言われる損害保険業界ですが、10倍以下の競争倍率の会社も多く存在しますので、一概に就職や転職が難しいと言い切れるものではありません。これは新卒入社の場合の話で、中途採用では学歴よりも、むしろ職歴が問われることになります。職歴がなく、とにかく損保業界に就職したいと考えるのであれば、代理店勤務で経験を積むことをお勧めします。手を挙げるだけで入社できるような代理店も存在しますのでそちらを狙っていき、まずは業界に入り業界全体の知識を身に付け、経験を積むと言う道もあります。初めから待遇の良い損保会社を狙うのではなく、経験と実力で好待遇を掴み取れば良いと言う考え方もあります。

就職率と同様に語られるのが離職率です。大手の損保会社の離職率は5%から10%と言われています。ただし、外資系の損害保険会社や、保険代理店の場合離職率はこれ以上となります。入社できれば一生安泰で過ごせるといった業界では無いようです。

中途採用については、大中小と企業の規模にかかわらず中途採用を年間通して行っている会社が多くなっています。特に外資系の損害保険会社については、職歴や実力を重視しますので中途採用で入社しやすいと言われています。代理店の場合は、離職率の高さもありますが、個人の力によって代理店契約を取ることも可能なので、中途採用を積極的に募集しています。損害保険を取り扱うためには、損害保険一般試験と言う資格がありますがこれを持っていないと転職に不利になるという事はありませんので心配はいりません。就職してからでも取得ができる資格ですので、資格の有無よりは、社会人としての経験を問われると考えておきましょう。


Copyright (C) 2015-2018 損保会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.